画期的な成功
  水産総合研究センター(水産庁所管の独立行政法人)は2003年7月、養殖用ウナギ稚魚の人工飼育に全世界で初めて成功したことを公表した。

エサが決め手
  飼育成功の大きなカギとなったのは、共同開発によって製造されたエサ。これは、サメの卵やオキアミを原料にしたもので、稚魚の体内に吸収されやすい優れもの=B

量産へ期待
  養殖用ウナギはこれまで、天然の稚魚を使う方法が通例だったが、この画期的な成功は量産に道を開くものと期待が集まっている。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO