釣具の世界も、より便利でよりフッキングが良く、また、より魚の関心を引いて釣果に結びつくようなツールが、ITの分野ほどではないにしても、次々と開発され、あるいは創意工夫の範囲で生まれてくる。中には、つくづく感心してしまうほどの、そして、合理的で損害防止≠ニか安全確保≠ノ結びつくものも少なくない。別にPRの意図はないのだけれど、「これは! 優れものだ!!」と実感したものを勝手に紹介させていただく。



レスキューロボ


  
これは根掛かりルアーの回収器。鉛の胴体にバッタのような4本の針金の足が付いていて、この先端の曲がった部分がルアーアイやスイベルを捕らえ、強引に引っ張ってフックを伸ばしてでも回収するというもの。

  レスキューロボをヒモで結んで、根掛かりルアーとロッド先端とで作られる下り傾斜のラインを、まるでケーブルカーのように装着して滑り落とす。加速度がついて4本の曲がった先端でルアーアイなどに引っ掛かる仕組み。

  ロボを結ぶラインは船用PEラインなど丈夫なものを使う。上の写真のように、糸で補強(黒く見える部分)して溶接部分を保護したい。私は北海道・十勝管内の某釣具量販店○○ランドで買い求めた(980円)。

  ルアーによっては、1回の回収成功で元がとれるということもあるはず。

  

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO