浦川沖で漁獲
  カレイの目は右側に、ヒラメの目は左側に付いていると相場は決まっているのだが、2003年5月下旬、北海道日高支庁浦川沖で漁獲されたサメガレイの中に、目が左側に付いているものが発見された。

刺し網で
  約50センチのメスで、漁業者が仕掛けた刺し網に掛かったもの。

突然変異
  いわゆる突然変異で、この理屈からすると、いずれ右に目の付いたヒラメが現れても不思議ではない。

カワガレイは昔から左
  もっとも、カワガレイは目が左側なので、「右に目のあるのがカレイ」という昔からの画一的な見分け方そのものに、私は以前から疑問を禁じ得ない。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO