増加か横ばい
  水産庁は2003年5月下旬、国際漁業資源の現況をまとめて発表した。これによると、マグロやサケなどの漁業資源は増加か横ばいで、高い水準にあることが分かった。

50魚種を分析
  報告書によると、水産庁はマグロやカツオ、サケ、マス、サメ、クジラなど50魚種について、漁獲量の推移から現況をまとめている。

メカジキは特に増加へ
  とりわけ、メカジキ(北大西洋)やカツオ(インド洋)は将来的にも増加が見込まれるとしている。

減少は8種
  減少と判断されたのは、ビンナガマグロ、キハダマグロ、メバチマグロ、クロマグロ、ミナミマグロなど8種にとどまった。

見解に相違も
  しかしながら、カナダの研究機関が先に発表した内容は、漁業資源が過去50年間で1割程度に落ち込んだとするもので、水産庁の見解とは大きな隔たりを見せている。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO