チョウザメ減少
  世界最大のチョウザメ産地・カスピ海。卵がキャビアとして高級料理に珍重されているが、この湖の水質汚染が進んでおり、チョウザメの生息数減少の大きな原因になっているという。

油田開発
  カスピ海は、世界でペルシャ湾に次いで豊富な石油埋蔵量を誇る。このため、アメリカやロシアなどが天然資源の開発に血眼になっている。

原油流出
  油田掘削に伴い大量の原油が流出する上、近年、湖面の水位が上昇傾向を示し、表面積が拡大したことも汚染拡大に拍車を掛けている。

対策が急務
  特に、カスピ海の北東部で汚染が深刻化しており、乱獲に加え水質汚染という要因複合化の現実があり、チョウザメの生息数回復に向けて、早急な対策が求められている。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO