淡水用
  鉛毒による環境汚染防止対策として、淡水用の環境に優しい釣りオモリを、北海道渡島支庁・上磯町の「フジワラ」が開発した。室蘭工業大学、道立工業試験場、函館地域産業振興財団との共同研究の成果だ。

合金製
  この製品は、鉛の代わりにスズ、ビスマスなどとの合金で仕上げたもので、雨だれ、球、板ーの3つのタイプがあり、河川、湖沼でのエサ釣りの際に活用してもらうことで、水質を鉛の毒性から守ることにつながるものと、静かな期待が集まっている。
4月発売
  海水より淡水の方が鉛毒の抽出作用が大きいことに注目しての開発着手だった。2005年4月、販売開始。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO