海獣の仲間
  我が国沿岸の海獣にはクジラやイルカのほか、ジュゴン、アザラシ5種、トド、ラッコ、オットセイ、スメナリ、ニホンアシカがいる。

鳥獣保護法を適用
  このうち、ゼニガタアザラシなどアザラシ5種、ニホンアシカ、ジュゴンは、2002年改正の鳥獣保護法によって原則捕獲禁止となり、保護の対象となった。

捕獲禁止措置
  また、過去すでにクジラとイルカは漁業法、ラッコとオットセイはラッコ・オットセイ猟獲取締法、スナメリは水産資源保護法で、それぞれ捕獲が禁じられている。



トドには捕獲枠
  しかし、トドだけは漁業法に基づく北海道連合海区漁業調整委員会指示で、年間116頭という捕獲枠があり、これは従来通りなのだ。

危急種≠ノ位置付け
  トドに対しては漁業被害が指摘されているからなのだが、日本哺乳類学会のレッドリストによると、トドは危急種≠ノ位置付けられているのだ。このため、道内の有識者団体はトドも保護が必要として、鳥獣保護法の適用を訴えている。

賛否両論
  トドのこの差別≠ノついては、漁業者との間では見解が正反対に分かれるだろう。海獣の世界でも保護か数の調節かをめぐって、賛否両論が渦巻いている。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO