神経を保温
  
マグロ類が深海でも視力を維持しエモノを捕食することができるのは、視神経や脳の中枢神経を保温する機能を持っていることによることが、豪米の研究グループによって解明された。

暗黒の世界
  マグロが遊泳する水深数百メートルの海域は、太陽光の届かない暗黒の世界。水温も低く通常だと視力の維持は不可能のはず。しかし、実際にはマグロは魚を捕らえて食べており、その視力のメカニズムに研究者も注目していた。

特殊な器官
  専門的な詳細は省くとして、マグロは目の周辺に特殊な器官が備わっており、目と脳を周りの水温よりも10数度高く保つことを可能にしているのだそう。

エモノをゲット
  この保温機能によって視力を維持し、夜空の星明り程度の暗い深海でも、エモノをゲットできているのだそうだ。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO