飼育実態を把握
  道内でのブラックバス拡散が憂慮される中、渡島支庁は2002年10月、ペットショップなどで購入した人を届け出書により把握し、ブラックバスの飼育実態をウォッチングしていくことになった。

購入届出書で
  ブラックバスは放流が禁じられているが、飼育に関しては制限がない。このため、飼育者がもてあまして密放流に走らないよう、観賞魚店などに購入届出書を置き、これでだれが何匹飼育しているかを把握する。

引き取りも
  飼育者からは水槽での繁殖・増加、逆に死んで減少した際にも連絡を求め、飼育を継続できなくなった人からは、ブラックバスの引き取りも行い河川・湖沼への拡散を防ぐ。

モデル校も選定
  このほか、同支庁では小中学校の中からモデル校を選定、冊子や講演を通じて放流防止の意識啓発を図っていく。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO