捕獲に限界
  滋賀県水産試験場は、ブラックバスのオスに避妊手術を施すことで、琵琶湖からバスを駆逐する研究に取り組んでいる。捕獲による駆除には限界があると判断した。

釣り人にも呼び掛け
  手術はいわゆるパイプカット≠ナ、精巣から伸びる管を引き出し切断し放精しないようにするもの。これを再放流することで、繁殖行為は不発に終わり卵に授精できなくなる。この手術は簡単で、釣り人にも協力を求める。

大型ほど有効
  特に大型魚は、多くのメスとの交雑を行うことから、大型バスほどこの効果は大きいとのこと。琵琶湖の生態系が回復し、在来魚が復活する日が果たして到来するか、今後に注目が集まっている。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO