2004年12月3日
北海道・十勝管内豊頃町の
十勝川
対象魚:アメマス




  10月はサケ釣りに明け暮れしたが、11月は多忙により釣行できぬ日が相次ぎ、フラストレーションは満タン状態。そこで、この日は短時間しか釣りをすることができないのは承知で、ルアー釣りの用意をして十勝川へ。そして、小物ながらも2匹をヒットさせることができ、2時間制限の中ではまぁ上出来かな? 

  この日は、今の時期としては珍しいほど暖かく、日中はロッドのガイドが凍りつく心配もない陽気。すでに3人の先客がいたが、うち1人は偶然にも知り合いの方だった。

  連中は時折りロッドをしのらせるのだが、わが方はサッパリ魚信なし。「もうそろそろ終わりかなー」と、悲観的になりながらもキャスティングを繰り返していると、その知人が「でかい! 網っ! あ、アキアジだ!」と仲間に向かって叫んでいる。

  私も彼のそばに駆けつけると、黒ずんで元気の無いサケがスローモーションのように身をくねらせ、「好きなようにしろ!」とでも言いたげな感じ。ルアーは確実に口をとらえていたから、一応はルアーを追ったと見える。

  知人と、その仲間の会話。「どーだい。さっきの70センチのアメと、どっちがファイトした?」「それはさっきの方さ。アキアジはただ乗っただけで、暴れなかったから」。70の大物をさっき釣った? 
って言うじゃな〜い

  ところが話によると、今年は90センチ台のスーパージャンボも上がっているのだそう。11月が個人的に忙しかった私としては、大きなチャンスを逃したような気がして 
残念!

  さて、2時間足らずの釣りで私の釣果はというと、38センチのアメ2匹。ボーズも覚悟の上だったので、別に不満ではなかった。帰ろうとしたら車が1台増えていた。キチ≠ェまた1人、どこかでサオを振っているのだろう。「いくら頑張っても大物が釣れるとは限りません! あなたのヒットはそれ、地球なんですから〜 
斬り!

  
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO