2004年7月8日
北海道の十勝川
対象魚:ニジマス、アメマス




  十勝人の母なる川でエキサイティングな出会いを―と、期待を熱気球状態に膨らませての釣行。あいにく短時間のチャレンジだったが、大物は次回に持ち越しとしたものの、元気の良いチビ助君とのやりとりを楽しむことができた。

  朝の十勝川。悠然と穏やかに流れる様は河川の横綱格≠フ貫禄をたたえる。うれしいことにライズがある。思わず生唾ゴクリ。今日はドライフライでの挑戦と決めていたから、願ってもないフィールドの状況だ。

  さっそくキャスティング開始。根がせっかちなものだから、ライズとのタイミングが合わない。しかも、結構、遠い。「でも魚はいるぞ!」。めげずに10投ほどしたところでアタック!! フッキング成功。小さいのはすぐに分かったが、元気が良いので一瞬、リール操作で遊んでやろうかな、と思ったくらい。流れが寄せにくくして釣り味を高めていた。

  銀ピカ、鰭ピンの23センチのニジ。ドライで釣ったところに面白さのカギが…。と、キャスティング圏外で、40センチ前後の魚が全身を水面上にさらして再びもぐり込んだ。ゲ、ゲ、ゲのニジ太郎じゃぁあーりませんか!? 

  俄然、ファイトが湧く。「ここには型ものもいるぞ!」。力み過ぎると、バックの木の枝を釣るハメになるから要注意だ。私より上流には3人のよその釣り人がささっていたが、私にとっては完全な自分だけの世界≠ナ、釣りに没頭していた。

  バシッ! 本日2回目のヒットは26センチのアメマス。ネットは不要だったものの、これも暴れてくれたので結構いい気分に。魚の写真を撮っている時に目の前でライズ。なんという皮肉。

  ここでフライが壊れた。この優秀なフライはこれしか無いというのに。こういう時に、いやな予感は的中するのだから、たまらないよ貯金箱。次第にライズがなくなっていったことも理由であろうが、この後は、いかなるフライも無視された。そして、時間切れとなった。

  次回は尺∴ネ上が出そうな気がする。他の連中は40センチオーバーを2匹も出していたのだから―。


 


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO