2003年7月13日
北海道・十勝管内大樹町の
大樹漁港
対象魚:コマイ



  今年は例年になくコマイの当たり年のようだ。十勝管内の全般で、まずまずの釣果が聞かれるからだ。しかも、最近は型も良くなっているとのこと。そうと聞いては、家でじっとしてもいられないのが、釣り人万有の法則≠ネのでして―。

  現地到着は前日の午後10時半。名ばかりの仮眠≠取って13日午前1時半、満を持しての出陣だ。潮回りを考慮すれば、だいたいはこうなってしまう。

  キャップライトだけが頼りの、孤独な釣りのスタートだ。幸い風は無く、暑くも寒くも無い気温。仕掛けを投入すると、早くも魚信。「魚は濃いぞ!」と確信する。たちまち、コマイがバラバラと釣れ始める。

  間もなく、趣味のご同業≠ェ私の右隣りに。同様に休むことなくリンリンと鈴を鳴らして、コマイを上げまくっている。今日は大潮回りで、この時刻、かなり潮位の上がった状態にあるので、沖のコマイが結構、港内に入ったようだ。

  時々、名前の分からない群青色で身はブヨブヨ、背びれと腹びれの長い魚が釣れるほかは、すべてコマイ。たちまち、バケツはコマイで埋まっていく。どうしても夜釣りは、魚信の後の対応が遅れがちだが、上げてみると、2匹、3匹というのも珍しくない。

  明るんでから、それまでの釣果を頭を落としてさばいたが、優に50匹を超えていた。いずれも30センチ近い良型ばかりだ。

  午前5時頃には、10人前後の釣り人が堤上を埋めたが、いずれも、入れ食いモードの魚信は去ったものの、そこそこ楽しめているようだ。

  潮が引いて水位が下がってからは、極端に当たりが遠のいたが、それでもポツポツと反応があり、気がつくと80匹を超える釣果を収めていた。これは、予想外の大当たり。

  エサが底をついたので早めに切り上げたが、やはり、今年はコマイの豊漁年≠フようだ。コマイの腹を裂いて目立ったのは、エビが胃袋の中に。そういえば遠い過去のコマイ大漁の年も、エビが沿岸に大量発生していたのだった。
  
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO