2003年4月27日
北海道・十勝管内豊頃町の
十勝川河口
対象魚:アメマス




  十勝川河口でアメマスの便りが聞かれるようになり、短期決戦の風物詩≠セけに「ぜひとも感触を!」と、朝だけの勝負に張り切って出陣した。昨日の雨が気になるが、時期をはずすわけにはいかない。

  すでに、両岸合わせて10数人の釣り人が、ルアーやフライで楽しんでいた。札幌から2泊3日で遠征に来たというテント組に釣果を聞くと、6匹を上げたとのこと。「これは期待できる!」と心はやる。

  私はルアーでのチャレンジ。30分ほどして移動した第1投でコツンという感触。「いるぞ!」。2投目でヒット。しかし、手前10メートルほどの所でバレた。「エッ、ウッソー」。

  めげずにキャスティングを続けると、またヒット。今度はしっかりとフッキングさせランディング。45センチとまずまずの型だ=写真上=。銀白色の姿がまぶしい。

  間もなくヒットが続き、45センチ、35センチと相次いで上がる=写真下=。隣りのフライ・フィッシャーも3匹釣れたとのこと。時折り、遠くで大物を思わせるライズがある。


  魚信が遠のいたので、今度は重めのスプーンで遠投して探るとヒット。あまり間を空けずに3匹立て続けに上がった=写真下=。



  時間もなくなり、最後に数人が立ち込んでいるポイント=写真一番上=に仲間入りさせてもらう。多い人で10匹以上も上げたとのことで、魚影はかなり濃いようだ。

  10投目くらいの時だったと思うが、目の前にきたルアーを水面から上げた瞬間、ガバーッとしぶきを上げて大物が反転した。「しまった、追って来ていたのか!」。 それにしてもデカかった。しばし呆然…。

  気を取り直してキャスティングを続けると、うれしいいことにヒット。本日の最長であり、自己記録でもある57センチが上がった=写真下=。ここはGW明けくらいまで遊ばせてもらえるようで、まだまだ楽しめそうだ。



  
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO