2003年1月11日
北海道・十勝管内豊頃町の
十勝川氷上
対象魚:チカ、キュウリ




  釣り仲間のO氏と豊頃町茂岩入り口の駐車場で落ち合い、河口大橋下流部の駐車場≠ノ到着したのは午前6時20分ごろ。すでにテントが数張り設営されていて、中で照明を点けているとみえ、まるで「明かりを点けましょ、ボンボリに〜♪」状態。

  夜釣りで奮闘したのだろうが、釣果はいかほどだったのか? 我々は昨日も来たという人に偶然会い、その人の情報を参考にしてテントの列に挟まるようにして入釣した。

  チカとキュウリの2本立てで挑む関係上、テント所有者のO氏はテント内に2穴を開けて、私はその外で準備に取り掛かる。寒くなったらテントにもぐり込む算段だ。

  私は最初、2つの穴にいずれもキュウリ仕掛けを落とし込んだ。間もなく魚信があり25センチ前後のまずまずの型が次々に上がり出す。「今日は面白い釣りになりそう」との手ごたえが、早くも伝わってくる。

  そのうちに、O氏のチカ仕掛けにチカやキュウリが掛かり始めた。「チカもいるぞ!」との感触から3つ目の穴を開け、センターの穴にチカ仕掛けを落とし込んだ。これが大当たり。

  チカ仕掛けだからエサはもちろんサシだが、これにチカやキュウリが次々と食い付くのだ。「あっ、まただ!」。周囲の方たちの心情も察することなく、思わず声が出てしまう。

  釣れては止まり、止まってはまた釣れ出す…の繰り返し。O氏が撒き餌を仕込んだのが随分と効いたと見えて、私たちの所はちょっと目立つ位の釣れ具合いとなり、何人もの方が様子を見に来るほどだった。




  気が付くと氷上には、午前11時過ぎにはテントだけで80張り以上、釣り人は250人を超えているのでは…と思われるような大賑わい。やはり土曜日はものすごい動員≠ナある。

  寒中の釣りでは熱いお茶、カップメン、気付け薬は三種の神器≠フようだ。この釣りでは、飲み食べることも大きな楽しみであることを、改めて痛感した。今度はポカポカ陽気だったら、ジンギスカンでもどうだろうってね。!?

  私のこの日の釣果は120匹超。チカはおよそ65%で、これからますます、チカのウエートが大きくなりそう。コマイやニジマスを上げた人もいたそうだが、私には2種類のみであった。

  この日、不運にもわずか数匹と貧果に終わった方もいたし、小学生と思われる少年が、父親の薫陶よろしく大人顔負けの大活躍だったケースも。


  午後4時前に撤収したが、事情が許すなら夜釣りも面白いのでは、との感触を抱きながら、まだ頑張っている多くの釣り人を尻目に帰途についた。
  
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO