2002年5月2日

北海道・十勝管内豊頃町大津の
十勝川河口付近
対象魚:アメマス



  早くアメマスを仕留めなければ、春のアメ・シーズンにもピリオドが打たれてしまうので、少々焦りながらも潮回りをにらんで、現地に到着したのは午前10時半ごろ。

  右岸ではすでにエサの投げ釣り組が数人、サオを出していたが、ルアー、フライのアングラーは誰もいなかった。そういえば今日は平日だったっけ。

  偶然にも釣友のO氏が間もなくやってきた。彼は先日すでに、小さいながらもアメマスを1匹上げており、まだ、日の目を見ない私としては、「頑張らなくっちゃ―」と闘志が湧いて来た。

  カップルのルアーアングラーズ=写真上=も登場し、少々賑わいが出てきた。風は前方から結構な強さで吹き付ける。ルアーをキャスティングすること17、8投目で、手前の掛け上がりにほぼ平行にルアーを引いて来たときに、ガツンとヒット。45センチの美しい銀白色のアメマスが釣れた=下の2枚の写真=。


  感激を胸に、さらにキャスティングを続けるが、後続が来ない。そうこうしているうちに、O氏が40センチ未満のサイズをヒット。結構、まだ遊べる時期である事が分かる=下の写真は黙々とルアーを巻き続けるO氏=。

  そんな時である。1人の年輩ルアーアングラーが登場した。ルアー釣りを10分もやらないうちに、今度は長い手ザオでエサ釣りを初めた=写真下=。この場所での手ザオの脈釣りというのは、初めて目にする光景なので注目していたら、なんとアメの35センチが釣れたじゃありませんか。2匹目は40センチオーバーの大物で、これには参った?。

  魚はいるのだろうが、どうもルアーを追わないようだなぁーと思いながら、キャスティングを繰り返していると、午後1時50分、本日2度目のヒット。40センチ未満サイズ=下の写真2枚=ながら、まずまずの感触が伝わってきた。


  この日は終始風が強く、一時的にやむと暖かいのだが、また吹き出すとかなり寒い1日だった。特に、海からの風は冷たく、背中で受ける格好だったので辛抱できたが、これが正面からもろに受けていたら、早めに切り上げざるを得なかっただろう。

  対岸側にもフライや投げ釣りの連中がいたが、結果はどうだったろうか―。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO